ブログ

今回は2019年にお引渡しをさせて頂いた鹿児島市内の何件かのお住まいの外観を簡単にご紹介です。

先日、鹿児島市内の方に行った際に住まい手様はご不在でしたが外観だけ異常ないか確認して、撮影させて頂きました。

創建の家づくりは姶良市を中心に鹿児島県全域で行っていますが、姶良市は地域柄広い土地が確保しやすいこともあり平屋のニーズはとても多いんですが、鹿児島市内は大きな土地の確保は難しく、ご紹介するのは全て2F建てのお住まいです。

 

先ずは2月にお引渡ししました、「坂之上の家」です。   

外壁は1Fはガルバリウム鋼板、2Fはジョリパットという塗り壁材の組み合わせです。

三角の切妻屋根とのバランス、板塀もガルバと色をグレーに合せて飽きのこないスッキリした印象です。

緑豊かなアプローチとお庭がお客様をお出迎えして、町に潤いを与えてくれますね。

 

 

続きまして、4月にお引渡しをしました「西陵の家」です。

6月に見学会をさせて頂きましたこちらのお住まい。

外壁のガルバリウム鋼板と戸袋の木部のコントラストが綺麗です。

日没前にお伺いしたのですが、家族お揃いでウッドデッキで少し早めのディナータイム中でした。

お子様たちがひょっこりと。

緑を感じながらの「お外ご飯」がうらやましい、理想的なウッドデッキの使い方ですね。

 

 

 

3件目はゴールデンウイークにお引渡しが何とか間に合った「平川の家」です。

初めての採用となった白いガルバ!

どんな印象になるかとドキドキでしたが完成して、何だか可愛らしい印象に。

敷地にもともとあった梅の木を上手く活かしながらの庭づくりもご提案させて頂きました。

白いガルバと植栽の緑が合いますね。

モミジやサクラの木を植えて四季折々の表情を見ることができます。

 

※こちらのお住まいではございませんが、白いガルバの平屋がご見学頂けます‼

姶良市平松にて住まい手様のご厚意により見学会を開催いたします。

9/7・8の土・日曜日に完全事前の予約制での開催です。

詳細は追ってブログの中で再度ご報告しますので、お楽しみに。

 

 

最後に5月お引渡しの「山田の家」です。

こちらのお住まいも外壁はガルバリウム鋼板です。

モスグリーン色に黒いサッシを合せてとてもシックな佇まいです。

黒い板塀とお庭の植栽で視線を緩やかに遮り、深い軒下のウッドデッキが家とお庭を繋げてくれます。

モミジ、ハナモモ、イペ、アジサイ…色とりどり、季節を感じれるお庭です。

 

※「山田の家」は10月に住まい手様のご厚意により暮らしの見学会を予定しています。

日時詳細は未定ですが、こちらも追ってブログでご報告します。

 

「山田の家」の内観も少しだけご紹介です。

住まい手様らしさが漂う、とても落ち着いた空間になっています。

 

創建の家は素材の種類は少なく、間取りも単純明快でとても簡素な家です。

だからこそ、家具や小物等、住まい手様のそれぞれの設えが活きて色々な表情をみせてくれます。

白いキャンバスの様な家であって、住まい手様に自由に暮らしの絵を描いて頂きたいという思いです。

 

 

 

先日、大安吉日の良き日、土地のご契約をさせて頂きました。
当然、住まい創りまでやらせて頂きます。

売主:中学時代の恩師であり、お住まいのリフォームもさせて頂いた国語の先生。
買主:同じく中学時代の恩師であり、自宅新築もお子様たちが小さい頃にさせて頂いた美術の先生。
その小さかったお子様の一人が、今回の買主さま。

私の子供達とも仲が良く、娘の結婚式には友人として出てくれた方でもあるのです。
また、お婿さまとは、お会いする事は無かったのに、お婿様曰く「創りたい家、好きな家」の
写メを見た途端、その全てが創建の住まいだったという驚く結果でした。
しかも、一軒は奥様と同級生と判明!
一度に二度驚く朗報でした。

私の中学時代を知る先生方が、まさかの展開の住宅会社経営。
しかも、専門の高校へは進まず、剣道の為に無理を言って入った
高校の後押しをしてくれた恩師。
授業より、叩かれた方の思い出が多いお二人の恩師に、いい意味で
恩返しがまた出来る事への喜びを感じます。

 

 

7月28日に開催した「こども工務店
たくさんの方にご来場・ご参加いただきました。
ありがとうございました!

とても暑い日でしたが子ども達は元気にミニ建て方や木工を楽しんでいたようでした。

最初はみんな遠慮し合ってる感じでしたが、途中から積極的に。
(この中から将来大工さんになりたいという子が出てくると嬉しいですね)
普段被りなれないヘルメットで余計に暑かったと思いますが、みんな最後まで頑張ってくれました!
弊社で家を建てていただいたお客様も多く、意外と大人の方が完成したものをみると、「こんなだったのか~」と感心してる様子でした。

簡単に材料や段取りの説明を受けて。。。

電動インパクトで筋交いを固定。順番待ちの子は親方のように見守り。。。

カケヤでトントンと。。。この作業も人気ありましたね。

木工教室もみんな頑張っていました!
普段使いなれない金槌や電動インパクトドライバーをご両親や弊社スタッフと一生懸命使う様子はとても微笑ましかったです。
特にインパクトは人気があったような。

釘を打つとき自分の親指も心配しながら。。。

意外と親の方が熱心になってたり。。。。

当日はお野菜をOBのお客様の窪徳農園さんが、いつも植栽・外構でお世話になってる青楓緑化さんからは苗木、そしてカロカフェさんに出店をお願いしてカキ氷を提供して頂きました。
ご協力ありがとうございました!
改めてご参加いただいたお客様、暑い中本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

年内にもう一回このような企画が出来ればと思っております。
その時はブログやインスタグラム等でご案内させていただきます。

先日の休みに妻のリクエストで霧島アートの森へ行ってきました。

霧島アートの森は鹿児島県湧水町にある鹿児島県立の野外美術館です。

森の中にアートが多数展示されていて、散策しながらアートを観て回るという感じです。

 

敷地に入るといきなり草間彌生さんの作品がお出迎えです。

 

(写真は霧島アートの森HPより拝借しています。)

 

森ではしゃぐ娘の奥にはアートが。スケール感が少しでも分かって頂ければ。

 

 

今回の目的は展覧会『風景をつくる眼。中原慎一郎が出会ったアート、デザイン、工芸 』。

鹿児島出身の中原慎一郎さんが出会ってきたアート、デザイン、工芸が展示されています。

中原慎一郎さんについてはこちら

 

展示の写真撮影OKという事で少しだけ撮ってきました。

こちらはSATSUMA特集で、鹿児島の手仕事作家さんの特集です。

中原さんの目に留まったもの、国内外を問わない手仕事のものやヴィンテージのもの等が多数展示されていて、そのすべてが洗練されたデザインでした。

月日を経ても色褪せないデザイン、一つ一つ丁寧に作られる手仕事の物というのは、勝手ながら創建の志す家づくりと通じるような気がしました。

 

残念ながら、今週末6月30日までの開催です。今週末は生憎の雨予報ですのでお時間ある方はぜひ足を運んでみて下さい。

先日11日、12日と社団法人全国木造施設協議会メンバーによる創建の事例見学と地域工務店の新しい
取り組みへの講演をさせて頂きました。
そもそも、全国に名を馳せる地場コン的な建設会社50社、木造施設を得意とする設計事務所100社
などが在籍する組織、その行動全国に及びます。
今回は、東京、静岡、兵庫、香川、山口、福岡、熊本と13社がお越しになりました。

その協議会メンバーが、まずは熊本県の木造仮設住宅から災害復興住宅、買取型復興住宅と見学をして
鹿児島県姶良市に貸切バスで移動して、創建作「姶良市借上げ住宅」を見学頂きました。
創建にとっては当たり前の性能を有した建物ですが、メンバーにとっても、行政にとっても画期的な建物であり
かつ、今までにない取り組みだったようです。

翌日、まずは創建のモデルハウス及びイベントスペースである「離れ」も見学頂き
その離れにて、熊本のエバーフィールド久原社長の講演、そして私も引き続き講演させて
頂きました。
ゼネコンや地域大手が主戦場であった公営住宅界でしたが、所謂箱物から戸建ての性能の良い
注文住宅感覚の住まいを提案した経緯から、その問題点や借入方法まで多岐に渡る内容を
お話させて頂きました。
流石にプロ相手ですので、鋭い質問もあり私自身も良い経験と勉強させて頂きました。

ミーティング後に、創建作「ほっこりハウス」にてランチを堪能頂き、創建らしさを
充分に感じ取って頂いたと自負しております。
全国に良きライバルであり、良き見本というべきベンチマークに同業者の友人が
出来たことは嬉しい限りです。

 

ブログ一覧へ

ページトップへ戻る