ブログ

長いことおさぼりしていたと気づいたブログ。

久しぶりの投稿です。

12月19日にお施主様向けのリースレッスンを行いましたところ13名の方がご参加くださいました。

25年前に建ててくださった方もお越しくださり、懐かしく会話も弾みました。

クリスマスリースやスワッグを作成された方々は

「各部屋に飾ります」  「家族が喜ぶ顔が見たい」 「小さいのはおトイレにも」

「玄関にはこれを」   「私にもできましたあ。うれしい」

新築したばかりのお施主様からは、壁やドアには傷はつけたくないのですがと設計した社員に問い合わせする姿も。

講師の山元さまのご厚意により、クリスマスが過ぎたら、水引をつけて新年を迎えられるようにご準備下さいました。

この場を借りて、山元先生ありがとうございました。おかげ様にて豊かなお時間を持てました。

と共に、快く楽しくご参加くださいました皆様にもありがとうございました。

 

【年明けのレッスン日をお知らせいたします。只今申し込み受付中です。】

 

2020年1月9日(木) 13時半から15時まで

2020年2月6日(木)    13時半より15時まで

2020年3月5日(木) 13時半より15時まで

2020年3月14日(土) 13時半から15時まで ⇒ 男性によるレッスン日となっています。奥様へのホワイトデーに如何でしょうか?ご主人様のご参加お待ちしております。昨年は弊社の男性スタッフも参加しました。 

レッスン料  3,500円

     

 

 

弊社スタッフの家が無事上棟しました。
いつもはその地域の名前をつけるのですが「東餅田」と施主も「東」なので「東の家」とすることに。

28坪のコンパクトでシンプルな平屋。
延床の3分の1以上をLDKが占めるコンパクトながらゆったりとした空間が広がります。

今回は本人のリクエストもあり化粧垂木。
形状も本人が検討して、いい感じになっています。
野地板は貼らずコンパネ仕上げ。

変形地ですが、あえて一番狭い場所に家を配置。
後ろの家が境界に迫っているので陽を遮らないようにシンプルな切妻の屋根をかけてあげました。
おかげで後ろの家の日照も問題なさそうです。

LDKの向こう側には敷地がまだ一杯残っていますが、ここは住まい手だけのプライベートな庭になる予定です。
床からそのままの高さで庭の地面が繋がるように計画をしてるので部屋からも地面を近く感じることができ、広がりを感じることができます。

最近創建の家づくりでも多い「コンパクトでシンプルな平屋」
街にも圧迫感を与えず坪数以上の広さを感じることができます。
そんな平屋は最近弊社が得意とするところかもしれません。

11月10日 16時~は餅まきを行います!
お時間ある方、お近くの方は是非お越しください。
場所はコチラ⇒「東の家」

先週末、鹿児島にてこの方とカメラに収まりました。
意外に、あぁと驚く方です。

茂住修身さん
大東文化大学の二期後輩に当たります。

そうです。
「令和」の文字を揮毫された方です。
嬉しい事に、こんなにも気さくで話し易い人だったとは・・・。
私が書道部でもないのですが、運良くこの夏から大学同窓会
鹿児島支部長を仰せつかり、毎年開催される「大東書展」に
茂住さんも特別出展され、懇親会にお呼ばれさせて頂きました。

奇しくも、「平成」の文字を揮毫された河東純一さんも我が大学の
先輩である事に、誇りを感じます。

数か月ぶりの作り置きは気が向くとおひとり様の食卓でも作ります。

お野菜は実家の畑で採れたものばかりです。

あじの南蛮漬け

鶏と里芋の煮物

春菊のお浸し

ミニトマトのはちみつオリーブオイル漬け

ビィーツの三杯酢(間引きした葉です)

 

なんとも賑やかなキャラクター付きのケーキですが、ドバイに住む孫娘のクラスメートのバースデーケーキの写メが届きました。

写メを見つつ、どういう風にカットするのか考えていました!!

ページトップへ戻る