ブログ

先日11日、12日と社団法人全国木造施設協議会メンバーによる創建の事例見学と地域工務店の新しい
取り組みへの講演をさせて頂きました。
そもそも、全国に名を馳せる地場コン的な建設会社50社、木造施設を得意とする設計事務所100社
などが在籍する組織、その行動全国に及びます。
今回は、東京、静岡、兵庫、香川、山口、福岡、熊本と13社がお越しになりました。

その協議会メンバーが、まずは熊本県の木造仮設住宅から災害復興住宅、買取型復興住宅と見学をして
鹿児島県姶良市に貸切バスで移動して、創建作「姶良市借上げ住宅」を見学頂きました。
創建にとっては当たり前の性能を有した建物ですが、メンバーにとっても、行政にとっても画期的な建物であり
かつ、今までにない取り組みだったようです。

翌日、まずは創建のモデルハウス及びイベントスペースである「離れ」も見学頂き
その離れにて、熊本のエバーフィールド久原社長の講演、そして私も引き続き講演させて
頂きました。
ゼネコンや地域大手が主戦場であった公営住宅界でしたが、所謂箱物から戸建ての性能の良い
注文住宅感覚の住まいを提案した経緯から、その問題点や借入方法まで多岐に渡る内容を
お話させて頂きました。
流石にプロ相手ですので、鋭い質問もあり私自身も良い経験と勉強させて頂きました。

ミーティング後に、創建作「ほっこりハウス」にてランチを堪能頂き、創建らしさを
充分に感じ取って頂いたと自負しております。
全国に良きライバルであり、良き見本というべきベンチマークに同業者の友人が
出来たことは嬉しい限りです。

 

明日は「そうけん さつき市」です。
冬の「感謝祭」は、地域でも定番化して大賑わいですが、初めて企画設計室と
若手写真大工でのイベントですが予約は好調のようです!

さて、昨日朝早くから二カ月振りの骨折術後通院に始まり、午前中二件、午後三件飛び込みの
お客様、アポ間違いのお客様、金融機関対応と驚くほどの来客対応でしたが、
創建薩摩町家離れで行った事もあり、驚くほどに来社された皆様がゆったりと落ち着かれ、
全て上手くまとまりました。
気が休まる雰囲気を持っていると痛感します。
自宅だからこそ、こういう心地良さを感じる住まいを目指したいものです。

創建の離れは「北に開く」を上手く取り入れた建物であり
落ち着く・・・・・を肌で感じる事が出来る空間です。
心地良い・・・・・を目でも楽しませてくれます。

明日は、それを体感頂けるはずです。
外は真夏みたいに暑くなっていますが、空調も入れてないのに、何故?
感じに来て下さい。

〈打合せ中に飛んで来たトンボ。創建離れより、北側に位置する薩摩町家(モデルハウス)を望む〉

先月、鹿児島県高等技術専門学校大工工学科で、プレゼンをさせて頂いた成果が
学校から来春卒業予定の7名が入社希望という事で、会社訪問を受けました。
女性を含む7名は、目を輝かせながら、真剣に聞いてくれ、また今の子らしく質問も
しっかりしてくれました。
同上学校出身の先輩社員大工は、5名採用、3名が残って頑張っています。

そもそも、学校にて会社説明会にて、真面目にこつこつとやると、アメリカや中国での茶室や寺社仏閣
作りに行ける可能性があると画像で見て頂いたので、創建は海外だけでやっているのかと心配も
あったようです。
あくまでも、技術を認められないとそういう事にもならないし、オファーがないと希望して行ける訳では
無い事に納得頂きました。

不安も解けて、まずは近況の学校先輩も手伝いで入って完成した家を見学、施主も快く質問に答えて
くれました。
引き続き、創建のコンセプトというべき、モデルハウス及び提案ルーム(離れ)見学、質疑応答、
そして、最後に学校先輩の6年目社員大工近江園君の現場見学も行いました。
6年先輩の仕事と、設計図面のきめ細やかさに驚きと感動があったようです。

さあ、創建として果たして何名採用するか問題ですが、8月から随時インターンシップも行いますので
性格が出てくる事と思います。
総務担当常務、工事部長、工務班長、現場監督と五人で対応したので、大体の面談成績は一致したので
あとはインターンシップでの「大工が好きで木造に懸けたい」希望者を採用したいと思います。

 

 

世間では10連休となる事で騒いでいましたが、創建ではお客様に迷惑を掛ける事が無い事を
条件に、工事部と企画設計・総務でシフトを組み約半分の日数のお休みを頂きました。

何とか私達夫婦も休みを頂き、平成から令和へのカウントダウンも見ていました。
新年も迎えた感じで、やはりこれはリセット出来ると思い立ち、私達夫婦と息子、その友達で
先月から取り組んでいた畑作りを仕上げる事出来ました。

そもそも息子がやり始めた事に、親もさせられるというか、面白半分で手伝うと云った
感じですが、農作業に大変さが一日で沁みました・・・。
息子の植えるものは、収穫出来た時の楽しみとしていますが、色々の変わり種です。
チャレンジ精神は人一番なのでしょう!
つられて、私達も籾殻を頂きに行ったり、敷き藁を貰いに行ったり・・・。

形だけは立派な畑出来ました!
今朝もまずは、水やりからだったようです。
新しい子供出来たみたいに、お客様の住まいを考えたり造らせて頂くように・・・。
畑でも頑張る令和の始まりです。

社員が自己紹介していますので、私も習います。

創建の社長を、1984年創業以来遣らせて頂いております有村忠一でございます。
各分野「総務・工事・企画設計・不動産・大工」の社員をまとめる立場であり、
営業本部長でもあります。

1955年9月に姶良市下名という田舎町に生まれ、材木屋の3代目として育ちました。
幼い頃は体が弱く、心配した両親が剣道が盛んな地域であった事もあり、
小学校時代から剣道を始め、中学三年時に姶良市でちょっとだけ強かった事から、
剣道の名門「鹿児島商業高等学校」に剣道で飯を喰うつもりで入学!
剣道以外でも、硬式野球、軟式野球、相撲、卓球、軟式庭球、サッカー、バレー
吹奏楽部と、どの部活も全国レベルの学校でした。
しかし、入学した年に、尽く全国大会を総なめする先輩に圧倒され、更に
翌年には、連覇するが如く強者が吾先にとレギュラー競争も過熱して、挫折を
覚えました。
厳しい体育会系校訓でも何とか三年続いた事が、私の基礎となり今に役立っている事は確かです。

高校卒業後10年目に創業以来、妻と二人三脚で土地探しも、営業も、工事管理も、現場掃除もして来ました。
また、併せて絶えず前向きな好奇心旺盛とそれなりの専門の資格も取りました。
高校時代の苦しい寮生活と部活に比べれば、全て楽な事だと思いました。
幕末の志士、平野國臣が詠んだ歌があります。
「我が胸の燃ゆる思ひにくらぶれば煙は薄し桜島山」
まさに、その想いでした。

さて、そんな想いの中、あっという間の35年が経過しました。
息子も社業に入り、社員に恵まれ、棟梁に恵まれ、お客様にも恵まれ・・・・・。
活かされて来ました。

今は中々会えない三人の孫にたまに会える事の喜びや昨年骨折後、やっとゴルフ出来るまでに
なった事、そして、創建の家創りがぶれなくなった事を一番喜んでいます。

画像は、うちの猫(はな)ですが、心地良い住まいで、のびが出来るリラックスする木創りの住まい
お届けして参ります。


どうぞよろしくお願い致します。

ブログ一覧へ

ページトップへ戻る