ブログ

弊社スタッフの家が無事上棟しました。
いつもはその地域の名前をつけるのですが「東餅田」と施主も「東」なので「東の家」とすることに。

28坪のコンパクトでシンプルな平屋。
延床の3分の1以上をLDKが占めるコンパクトながらゆったりとした空間が広がります。

今回は本人のリクエストもあり化粧垂木。
形状も本人が検討して、いい感じになっています。
野地板は貼らずコンパネ仕上げ。

変形地ですが、あえて一番狭い場所に家を配置。
後ろの家が境界に迫っているので陽を遮らないようにシンプルな切妻の屋根をかけてあげました。
おかげで後ろの家の日照も問題なさそうです。

LDKの向こう側には敷地がまだ一杯残っていますが、ここは住まい手だけのプライベートな庭になる予定です。
床からそのままの高さで庭の地面が繋がるように計画をしてるので部屋からも地面を近く感じることができ、広がりを感じることができます。

最近創建の家づくりでも多い「コンパクトでシンプルな平屋」
街にも圧迫感を与えず坪数以上の広さを感じることができます。
そんな平屋は最近弊社が得意とするところかもしれません。

11月10日 16時~は餅まきを行います!
お時間ある方、お近くの方は是非お越しください。
場所はコチラ⇒「東の家」

先週末、鹿児島にてこの方とカメラに収まりました。
意外に、あぁと驚く方です。

茂住修身さん
大東文化大学の二期後輩に当たります。

そうです。
「令和」の文字を揮毫された方です。
嬉しい事に、こんなにも気さくで話し易い人だったとは・・・。
私が書道部でもないのですが、運良くこの夏から大学同窓会
鹿児島支部長を仰せつかり、毎年開催される「大東書展」に
茂住さんも特別出展され、懇親会にお呼ばれさせて頂きました。

奇しくも、「平成」の文字を揮毫された河東純一さんも我が大学の
先輩である事に、誇りを感じます。

数か月ぶりの作り置きは気が向くとおひとり様の食卓でも作ります。

お野菜は実家の畑で採れたものばかりです。

あじの南蛮漬け

鶏と里芋の煮物

春菊のお浸し

ミニトマトのはちみつオリーブオイル漬け

ビィーツの三杯酢(間引きした葉です)

 

なんとも賑やかなキャラクター付きのケーキですが、ドバイに住む孫娘のクラスメートのバースデーケーキの写メが届きました。

写メを見つつ、どういう風にカットするのか考えていました!!

17日18日と沖縄にて、JBN・全国工務店協会 九州沖縄ブロック会議出席の為
沖縄に行って来ました。

九州担当理事という事もありますが、取引先もあり有効な時間を過ごす事が出来ました。
九州各地区の連携団体30社が集い、熱い討議となりました。
建設キャリアアップシステム、大工能力評価制度、工務店の見える化評価制度、登録基幹
技能者(建築大工)講習など、今から必要とされる制度等でありながら、働き方改革と
どう向き合うかは、大きな弊害にもなり兼ねず、予定していた時間を大幅に超えて討議
しました。

討議の後は、沖縄料理を古民家で頂き、討議の延長戦が延々と泡盛で行いました。
呑めば本音が聞けて、それを全体の理事会で揉むという立場、酒飲みも本腰でした。

翌日、取引先にご案内頂き、約300年前の沖縄の代表的な豪農の住まい見せて頂きました。
國も重要文化財に指定され、大きな珊瑚石の「ひんぷん」には感動しました。
創建でもコンクリートで創りますが、中々石には敵わないですねぇ!

離れを備えた豪農の住まいは、今に通じるものをたくさん感じて帰る事が出来ました。
沖縄での住まいづくりに寄与出来る想いと、創建の進んでいる方向に間違いない事を
確認出来た沖縄出張でした。

ページトップへ戻る