ブログ

5月に開校された住宅デザイン学校に参加してきました。

5~7月の3か月間、月に1度の2日間の開催で東京・大阪・東京と行ってきました。

住宅デザイン学校とは、建築家の伊礼智さんが学長を務めます、住宅設計実務に携わる方々向けの学びの場です。

全国から設計事務所の方や工務店の設計の方など、普段から住宅の設計をしている人が、普段の自分たちの仕事に活かすべく勉強しに集まります。

各回とも即日設計といいまして、その場で出された設計課題を3時間でプランを行い手書きで図面を作成し、講師陣・参加者にプレゼンを行い講評後、それぞれ良いと思った方のプランに票を入れていくという何ともとっても緊張感のある時間を過ごします。

どの課題も一筋縄ではいかない難しい課題で短時間でプランをまとめ上げて、皆さんの前でプレゼンをするというのは、良くも悪くもプレッシャーを感じれる貴重な体験でした。

 

その結果は、

残念ながら、第1回の東京開催は課題に沿ったプランが出来ずに良い評価をもらえませんでした(涙)

が、第2回大阪、第3回東京と講師の方々、参加者より評価して頂きたくさんの票を入れてもらいました。

(第2回のプランです。全体2位の票を頂きました!)

(こちら第3回は最多票!ありがとうございます!)

 

その結果、なんと見事全三回の合計で「最優秀賞」を頂く事ができました!

(伊礼先生から2票頂けました!嬉しい!)

 

最優秀賞には副賞まであって、

こんな素敵なものまで!

(現物は後日届くみたいです。)

設計の有村に参加前に「たためる椅子お願いしますね。」って言われて「任せとけ」っ冗談半分、本気半分で言ってましたが…嬉しいです!

 

少し浮かれすぎましたが、何といっても講師陣の方々は伊礼先生を筆頭に日本代表する建築家の方々でして、そんな方々に自分のプランを評価して頂けた事、普段から住宅設計に従事する方々に評価して頂けた事は大変嬉しくこれからの住宅設計において大変励みになりました。その反面、嬉しい事ばかりではなく講師の方々からは厳しいお言葉も頂きました。しっかり受け止めて今後の設計に活かしていければと思います。

創建が建てる家は「住宅」であり「建築」である事を意識して設計を行わなければならないとあらためて感じた3か月間でした。

 

お世話になりました皆様、ありがとうございました!

票を入れてくれた皆様、ありがとうございました!!

 

 

 

 

先日の休みに妻のリクエストで霧島アートの森へ行ってきました。

霧島アートの森は鹿児島県湧水町にある鹿児島県立の野外美術館です。

森の中にアートが多数展示されていて、散策しながらアートを観て回るという感じです。

 

敷地に入るといきなり草間彌生さんの作品がお出迎えです。

 

(写真は霧島アートの森HPより拝借しています。)

 

森ではしゃぐ娘の奥にはアートが。スケール感が少しでも分かって頂ければ。

 

 

今回の目的は展覧会『風景をつくる眼。中原慎一郎が出会ったアート、デザイン、工芸 』。

鹿児島出身の中原慎一郎さんが出会ってきたアート、デザイン、工芸が展示されています。

中原慎一郎さんについてはこちら

 

展示の写真撮影OKという事で少しだけ撮ってきました。

こちらはSATSUMA特集で、鹿児島の手仕事作家さんの特集です。

中原さんの目に留まったもの、国内外を問わない手仕事のものやヴィンテージのもの等が多数展示されていて、そのすべてが洗練されたデザインでした。

月日を経ても色褪せないデザイン、一つ一つ丁寧に作られる手仕事の物というのは、勝手ながら創建の志す家づくりと通じるような気がしました。

 

残念ながら、今週末6月30日までの開催です。今週末は生憎の雨予報ですのでお時間ある方はぜひ足を運んでみて下さい。

 

毎週金曜日10:00からの30分間は弊社のラジオ番組「創建プラスワン」の放送日です。

あいらびゅーFMという姶良市のコミュニティFMの中で番組をさせて頂いています。

(イオンタウンあいらの東街区1階、家具のニトリさんの横です。)

 

あいらびゅーFMについて詳しくはこちらでどうぞ。89.1MHzに合わせてみて下さい。

http://airafm.jp/

 

 

外から見るとこんな感じです。  

 

普段は社長の有村が出演しているのですが、所用により代打出演してきました。

(過去にも何度か代打出演がありましたが、今回は2か月ぶりの出演で少し緊張しました。)

 

お相手のパーソナリティは清水リラさんです。

毎度のことですが、私の拙い話をどうにか理解して頂いてフォローしてもらってます。

いつもありがとうございます!

 

 

スタジオから見るミキサー室、本日のミキサーは局長の上栫さんでした。

 

 

出演させていただく際は、家づくりの事をメインに話をさせて頂いてます。

家づくりの基本的な事や不動産・資金計画の事、創建の家づくりへのこだわりについて等々です。

見学会等のイベントの告知もさせて頂くのですが、

本日はいよいよ5/26に創建敷地内で開催となりますイベント「そうけんさつき市」についてお話してきました。

イベントの内容を説明していたら終わってしまった、あっという間の30分となりました。

金曜日10時は「創建プラスワン」です。よろしくお願いします。

 

 

「そうけんさつき市」の詳細はこちらからご確認できます。

皆様のご来場お待ちしています!

 

 

 

 

4月にお引渡しをしました「西陵の家」。

新緑の綺麗なこの季節を待っての竣工の撮影となりました。

 

 

銀黒色のガルバリウム鋼板の外壁に鮮やかな緑が映えます。

(こちらは駐車スペースからアプローチ。)

 

今回は住まい手様ご家族にもモデルとしてご参加頂きました。

お忙しいところ、ご協力頂きありがとうございました!

 

写真左奥、カウンター前の小窓から望むコナラの緑が素敵でした。

(子供達も撮られることに照れながらも、しっかりとモデル役をこなしてくれました!)

 

リビングサッシの奥にはモミジです。

緑が近く四季の移ろいを身近に感じることができます。

 

 

 

 

そんな「西陵の家」ご覧頂く事ができます。

住まい手様のご厚意により、見学会を開催いたします。

6/8・9の土・日曜日に完全事前の予約制での開催です。

詳細は追ってブログの中で再度ご報告しますので、お楽しみに。

 

見学をご希望の方は電話またはメールにて受け付けております。

電話:0995-65-8000

メール:コチラから

 

本日は設計を担当させて頂いた「平川の家」の社内検査でした。

全てのお住まいですが、建物工事完了後お引渡し前に社内検査を行います。社長をはじめ設計スタッフ、工事スタッフそして棟梁さん、左官屋さん、建具屋さん、内装屋さん、電気屋さん、設備屋さんと工事して頂いた各種業者さんにもご参加頂き色々な目で建物をチェックしています。

 

先ずは、外部からです。
外壁の傷がないかという細かな事はもちろん、外観の意匠性(配色や窓の配置、佇まい等々)についてなどチェックしていきます。外壁は創建では珍しい白のガルバリウム鋼板でした。(写真は建物を見つめる東の背中と有村の爽やかな笑顔です。)

 

そして内部に関しても細かな納まり・使い勝手や動線についてチェックします。(写真はサッシを引き込んだ際の納まりについて検証中です。)

 

最後に参加者全員から良かった点や反省点を発表します。これを繰り返すことで同じ間違いを無くして、更なる向上を目指します。

 

プランやディテールに対する様々な意見を頂きました。
今後の設計に活かして、日々精進です。

ブログ一覧へ

ページトップへ戻る